So-net無料ブログ作成

専門医とかかりつけ医 [HEART WEB NEWS]

2009年5月7日 日本心臓財団 HEART WEB NEWS

日本心臓財団から1月に1度のHEART WEB NEWSが届きました。

【ドクターのつぶやき】のコラムには「かかりつけ医をもつこと」という記事が記載されていました。

私は◆先生は、私の「かかりつけ医」だと誤解していたようでした。

◆先生は循環器科の専門医でした。「病院の専門医には異動があり、同じ病院に長く留まって診てくれるという保証はない」ということです。

20数年前、総合病院が近いからと購入したマンションに引っ越してきました。
その時にはこの病院は普通の市民病院でした。

越してきて1週間もたたずに、喘息が再発したりして、その後もお世話になってきました。

つき日が流れ、格付けが上がって、紹介状がないと診てもらえないとか、完全予約制だとか、敷居の高い病院になっていったのです。

ただし、まだ、自宅からは一番近い病院でもあります。

自宅の近くに「かかりつけ医」を持つということは重要なことだと思います。

家に一番近いのだから、やっぱりこの病院を「かかりつけ病院」としたい!

「かかりつけ病院」のお医者さんは、やはり「かかりつけ医」であってほしい。

23:31 就寝時
050709233158a.jpg
心電図所見:J 拍動が一定ではありません。心拍数 58
就寝時には単発の期外収縮がみられます。

カキツバタa.JPG

散歩の途中に咲いていたアヤメ?カキツバタ?


nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。