So-net無料ブログ作成

心電図波形 一過性心房細動 [心電図波形]

携帯型心電計で記録した心電図波形を紹介します。

一過性心房細動

071907180581b.JPG
心電図所見:J 拍動が一定ではありません。
心拍数:81拍/分

これは一過性心房細動?

それとも、期外収縮の連発?

徳島大学の名誉教授のWEB「心臓病と卯建のホームページ」には「一過性心房細動」として同じような波形が掲載されていました。WEBには心房細動は「一過性」のごく短いものから、経過を追って「発作性」となり、さらに「持続性」となることも記載されています。だんだん重症化していくのです。

昨年カテーテルアブレーションをしてくださった◆先生は私には「期外収縮の連発」と説明してくれてはいましたが、退院後の療養上の留意点には「心房細動が残存する可能性があります」と記載されていました。

退院時には、先生は私には「退院後の注意」は説明してくださってはいないので(主人だけに説明・・・)ここでは、「一過性心房細動」として掲載することにしました。

現在は、自分の感覚としてはトトトトトトトットットット  ットというような感じ。

不整脈を感じて脈をとると最初はふれますが、トットットの後ふれなくなり、「あれっ拍動してない?」ととりなおしているうちに、やっぱり、「あっ、ちゃんと拍動しているわ[晴れ]」っていうような感じ。

10秒に満たないので不整脈を感じてから、携帯型心電計をだして測定していたのでは、記録できません。

携帯型心電計で記録できたのは、帰宅後家でリラックスしている時、なんでもない時にちょっと心電図でもとってみようと測定しはじめてから深呼吸をして息をいっぱい吸い込んだ、その瞬間に不整脈がおきた時です。

次の2つの波形もそんな感じで記録できました。

就寝時

060108222560b.JPG
心電図所見:J 拍動が一定ではありません。
心拍数:60拍/分

夕食後

070308194274b.JPG
心電図所見:J 拍動が一定ではありません。
心拍数:74拍/分

息をいっぱい吸い込んだ時におきる感覚が、カテーテルアブレーション時の「もう1つの頻拍発作」(記事:カテーテルアブレーション当日(4)参照)の誘発時に似ています。

カテーテルアブレーションを受ける前には、寝返りをうっただけとか、背筋をしゃんと伸ばした時とか、高いところのものを取ろうとして手をあげた瞬間とかに結構おきていましたが、カテーテルアブレーション後は今まで9カ月間でたったの1回だけ、(記事:ちょっとだけ不整脈参照)本当にちょっと観察されただけです。

もしかしたら、次に示すカテーテル留置位置でリエントリー箇所を焼灼したさいに、いっしょに焼かれたのかもしれません。

ABL2-1.jpg
この部位の焼灼は本当に痛かったですよ


nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0