So-net無料ブログ作成

宝くじでも買おうかな! [こころね(心音)]

絶対、当たるような気がする!

発作性上室性頻拍の発作時の様子を◆先生に初めて訴えたとき、

「急にドドドドドっと心拍数が速くなり、苦しいので深呼吸していたら、あれっという感じで、急に治まりました」

◆先生は、診察の前に実施していたトレッドミルや心エコー、血液検査の結果をみながら

「ご主人いるの? いるんだったら今度の診察のときに一緒にきて」

ってそれだけ?

”どうして? 私だけではだめなの? 私に言えない病気なの?
予約した時間より3時間近く長い間待っていたのに・・・”

ずーっとドキドキしながら・・・

 

次回の診察のときに、カテーテルアブレーションを勧められましたが、

「発作の回数がもっと多くなったら考えます」

と答えて経過を見ることにしました。

頓服薬として、発作時に「ワソラン」を処方していただきました。

 

何度か診察していただきましたが、◆先生は聴診器をあてることはなかったので、私がドキドキしていることに気付きませんでした。

心拍数はいつも125回/分くらいになっていましたが・・・

 

循環器内科は受診の前に血圧を測定することになっていましたが、

いつも、家庭で血圧を測定しているので、その値をみていただいていたのです。

何回目かの診察の際に、

「聴診しようか?」

ということで、聴診されることに・・・

聴診は、小児喘息であったことから、昔からよくされていましたが、

呼吸器科の診察では本当に聞いているのか?と思われるほど、1カ所に聴診器をあてる時間は短く、胸と背中の何カ所かの聴診も、あっという間に終わるのに・・・

◆先生は胸の1カ所(胸骨の中心より下のやや左)に聴診器を当てたままずーっと聴いていたので、ドキドキしていたのがさらにドキドキしてしまいました。

1分以上だったような・・・

とにかく随分長かった・・・と思います。

あまりに心拍数が速くなったので、先生もびっくりしたのか聴診をやめました。

そのとき、◆先生は今まで不整脈と診断していたにもかかわらず、発作時の心電図波形が記録されていないこともあり、精神的なもの?っと疑いをもったようでした。

「急にドキドキして、すごく苦しくなって、急に治まったって言って受診する人のうち、本当に不整脈の人は1000人中3人だっていう報告があるよ。0.3%だよ!」

携帯型心電計で発作時の波形が記録されなければ、この疑いは続いていたでしょう。

PSVTは1000人中3人、

原発の骨腫瘍は100万人中4人、骨肉腫となると100万人中2人、まして若くない人に起きる確率はもっと低いはず・・・

さらに、PSVT+骨肉腫といったら、100万に0がさらに3つ付くのでしょうか?

100000万分の6?

1億分の6? いやっ10億分の6ですか?

計算できない~!!

もし、骨肉腫だったら、宝くじでも買おうかな?

絶対、当たるような気がする・・・

葡萄.jpg
山梨に行ってぶどうを食べてきました。
蔓は枯れているような感じなのに
実はどうしてあんなにジューシーで甘いの?
(写真はワイン用のぶどう)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。