So-net無料ブログ作成

降圧剤:ディオバン [薬]

やはり、経過観察の診察で、降圧剤を処方されました。

今度は、アンジオテンシンⅡの選択的AT1受容体ブロッカーのディオバンです。

ディオバン111710.JPG


20mgから40mg、80mgと160mgの製剤があるのに、

いきなり、80mgを服用しても大丈夫?

ノルバスク、セロケン、コニールでこりているので、

いくら、作用機序が異なる薬といえども、最初は少ない量でいいのでは・・・

40mg・・・、80mgには割って飲めるように薬に切れ込みが入っているし・・・

それに、さきほど、夕食後に測った血圧は上が129、下が89、心拍数は68だし・・・

でも、朝は本当に高くなっているし・・・早朝高血圧・・・だからしかたがないか?

多いを思うけど・・・80mg飲まないといけないのかなぁ?

 

 

にほんブログ村 青い鳥.gif
よかったらクリックしてね肉球.gif


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
iyashi

前回の記事のグラフを拝見すると、収縮期はバラつきがありますが拡張期の血圧が90以上、高い時は110近くなってますね。。。
ノルバスク、セロケン、コニールでの副作用で酷い目に合ったとの事。
ノルバスク、コニールはカルシウム拮抗なので頻脈になりやすいのに対して、セロケンはβブロッカーなので徐脈になりやすいですね。
今回処方されたディオバンはARBともいわれる薬で、心血管イベントを抑制するといわれています。心臓を保護する働きがあるということです。
強さ的には80mgですとノルバスク(5)、コニール(4)と同等の降圧作用があると思います。
参考になるかわかりませんが。。。
by iyashi (2010-11-18 23:51) 

psvt.abl

iyashi さん
ありがとうございます。
拡張期が高いんです。いつも緊張状態なのかも・・・
昔、処方される薬で、ことごとく発疹がでたことがあり、薬は苦手なんです。
初めての薬を飲むときには慎重になります。
by psvt.abl (2010-11-19 19:27)